パソコン

雨漏りを防ぐ~外壁塗装のブロックで雨漏りの問題ゼロ~

手間を減らそう

住宅

雨漏りの原因として考えられることには、どんなことがあるのだろうか。というと、多くは屋根や外壁といった、家の外側にある、大きく、住宅というものの存在を支えている部分に集中しているように思われます。たとえば、屋根が雨漏りの原因になると言ったときには、瓦などの屋根を形づくっているモノがズレたりすき間を作ったりということが考えられます。外壁が原因になるというときには、外壁自体の劣化や施されている外壁塗装の劣化、あるいは外壁の「コーキング」が劣化しているなど、いくつかのことが考えられます。共通しているのはどういうことかというと、結局は、「すき間が作られる」ということにまとめられると思います。屋根のズレ、壁の「コーキング」の欠けなどが、屋根や壁に隙間を作ります。すき間があるところには、雨が入り込む隙が生まれることになります。これらのすき間を塞ぐことが、雨漏りに対するリフォームの手段であると言えるでしょう。雨漏りの元といえる隙間を埋める方法は多数ありますが、屋根から雨漏りしているならカバー工法で防ぐといいでしょう。カバー工法とは破損している屋根にカバーとなる屋根を用意し、雨漏りを防ぐ方法です。この方法ならコストを抑えて雨漏りを防ぐことが可能かもしれません。どのような方法で雨漏りを防ぐにしても根本的に防ぐといいでしょう。一時的に雨漏りを防ぐ方法もありますが、その方法で雨漏りを抑えるとなるとかなりの手間を必要とするでしょう。