パソコン

雨漏りを防ぐ~外壁塗装のブロックで雨漏りの問題ゼロ~

原因と対策方法

一軒家

雨漏りには必ず原因があります。雨漏りの原因が分かることで予防することも、対策を講じることもできます。雨漏りの主な原因を紹介します。参考にしてください。
雨漏りで一番多くある原因は、屋上の防水性能が機能していないことです。屋上には、防水性の高い塗料を塗装しているでしょう。しかし塗料の有効期限があります。屋上は一年中雨や風、太陽の紫外線に晒されています。そのため、塗料を塗った数年後には、効果が無くなって雨漏りする様になるでしょう。屋上からの雨漏りを防ぐ方法として、有効なのは塗料の二度塗りです。一度の場合と比べると、二度塗りした場合は下の層の塗料は紫外線による劣化を防ぐことができます。そのため、雨漏りを一度塗よりも防ぐことが出来るのです。
次に多くあるのが防水シートの老朽化によって雨漏りするケースです。防水シートは経年劣化します。そのため、長い年月が経つと、防水シートが劣化して天井や壁にシミが出てくることがあります。一般的に防水シートの耐久年数は10年~15年程度です。劣化して破けた防水シートは交換する必要があります。
新築で雨漏りする場合は施工不良の場合があります。新築は基本的に雨漏りすることはありません。建てたばかりなのに雨漏りする時は施工不良の可能性が大きいでしょう。施工を担当した業者の手抜き工事が原因です。こうならないためにも、業者選びは時間をかけてしっかりと信頼出来る業者を選ぶことで、施工不良はなくなります。結果的に雨漏りを防ぐことになるでしょう。